検査・治療案内

検査内容
視力検査、視野検査、眼底検査、眼圧検査、自動屈折計、細隙灯顕微鏡検査、角膜曲率半径測定

細隙灯顕微鏡
小さな顕微鏡と、帯状の細い光源を合わせた装置で、眼科の診察にかかせない装置です。
結膜・角膜・水晶体に異常がないか調べます。帯状の光を目に当てることで細かな傷や濁り、炎症を発見出来ます。

視力検査
視力を測定する検査です。

眼圧検査
圧とは、房水という液体によって保たれている眼圧眼球内圧のことをいい、この房水の圧力を測定するのが眼圧検査です。眼圧は健康な眼で正常範囲内ですが、房水の生産量と流出量のバランスが崩れると変動します。この検査は緑内障の診断に欠かすことのできない検査です。

眼底検査
瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや眼底鏡という器具を用い、レンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を詳しく調べる検査のことです。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの眼の病気を調べるときに行います。

視野検査
片方の目で前方を見つめたままで上下左右どのくらいの範囲まで見えているかを確かめるのが視野検査です。
主に緑内障の検査、他に脳血管障害や心因性障害や網膜疾患などの診断、そして病気の進行程度の判断に使います。

自動屈折計、角膜曲率半径計測定器(オートレフケラトメーター)
屈折計は近視遠視乱視の度数をはかって視力検査に役立てます。近視・遠視・乱視など、目の屈折状態を調べます。

レーザー光凝固装置
眼底出血や糖尿病網膜症は、眼が見えなくなる可能性もあり、とても怖い病気です。
当院では、薬による治療だけでは視力低下や進行が止められない場合、網膜レーザー光凝固の処置を致します。
網膜の虚血部分へレーザー光を照射し、熱で凝固してしまう手術です。
これにより虚血部分の酸素の必要量が減り、そこに新生血管が伸びてくるのを防ぐことが出来ます。 この手術は受ける時期が早いほど効果が高く、早期で80%、時期が遅いと50〜60%の有効率です。 1回の手術で数十から数百ヵ所凝固し、何回かに分けて照射することもあります。 1個の凝固は0、2〜0、5mmの円形のスポットで、カメラのフラッシュをたくような状況です。
短時間で終わり、痛みも少なく、外来でお受け頂けます。緊急時には、当日、行うことも可能です。