白内障

眼球をカメラにたとえるとレンズに相当するものが水晶体です。水晶体は光を屈折する機能とピントを調節する 機能を持っています。水晶体は加齢とともに少しずつ混濁してきます、この水晶体の混濁した状態が白内障です。 髪の毛に「しらが」が出てくるのと同様の加齢現象と考えていいでしょう。眼科では白内障を予防するお薬を処方 しますが、進行した白内障では手術が必要になります。

白内障が進行してくるとだんだんものがかすんで見えるようになります。白内障による視力低下はメガネなどで 矯正できるものではありません。視力が低下して、日常生活に支障が出るようでしたら、手術を受ける必要が あります。「いつごろ手術を受けたらよいですか?」という質問をよくされますが、ひとつの目安として矯正視力が 0.7以下にまったらそろそろ手術を考えましょうとアドバイスしています。
ただし、視力の数字と自覚的な見づらさは必ずしも相関しませんので、生活に支障がなければ急いで手術を受ける必要はありません。
※白内障手術が必要な患者さんに対しては、手術施設を紹介致します。