飛蚊症

白い壁や空などを見たときに、虫のような黒い点や糸くず状のものが見えて、視線を動かすと、それらが ゆっくり漂うように見える現象です。
眼球の中央部には硝子体という透明なゼリー状の物質がつまっています。この硝子体が完全に透明であれば、 このような症状はあらわれませんが、何らかの原因によって硝子体の一部に小さな混濁が生じるとその混濁部の 影が網膜に映ることによって飛蚊症が出現します。

<飛蚊症を起こす原因疾患>
後部硝子体剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎、網膜裂孔、網膜剥離など まったく病気がない状態で出現する飛蚊症を生理的飛蚊症と呼びます。飛蚊症の原因が網膜に穴のあいている網膜裂孔 の場合は直ちにレーザーによって、裂孔を閉鎖する必要があります。また裂孔から網膜剥離にまで進んでいる場合には 入院での手術が必要になります。

飛蚊症があらわれたら、その原因はさまざまです。自己判断せず、必ず眼科で検査を受けて下さい。