弱視

眼鏡やコンタクトで矯正しても、視力が出ない目のことをいいます。裸眼視力が例え0.1であっても、眼鏡などで矯正して1.0の視力が出れば、弱視とは言いません。
弱視の原因は、大きく2つに分けれます。

一つは先天性の白内障などの重い目の病気があるなどが原因で視力が悪いもの、もう一つは視力の発達する2〜3ヶ月の頃から3歳児までの幼児期に、斜視や強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)があり、鮮明な映像を映していない目から得られた情報が抑制され、正常な(もしくは異常の少ない)目のみが働くようになり視力があがらなかったものです。
ご心配な方は一度医師にご相談ください。