高血圧網膜症

日本の高血圧患者数は2,000万とも3,000万ともいわれております。
自覚症状がほとんどないまま、徐々に血管をむしばんで、ついには脳卒中や心筋梗塞などの、恐ろしい病気を 引き起こしたりします。そして、「高血圧網膜症」という目の病気も合併します。
高血圧の眼底検査には、ふたつの目的から行われます。
ひとつは、高血圧網膜症の早期発見。高血圧網膜症は、全くといってよいほど自覚症状を伴わずに進行し、 いったん視力障害が起きると回復はかなり困難です。眼底検査で早いうちに異常を発見できれば、視力障害の 発生を未然に防げます。

もうひとつの目的は、網膜症以外の高血圧合併症の危険の予測です。眼底は人体で唯一血管の状態を直接肉眼で 観察できるポイントです。眼底の血管に異常が起きていれば、眼底以外の血管も同じように高血圧の影響が 現れている可能性が高いと考えられます。網膜血管の変化のレベルと脳梗塞や心筋梗塞の発作の発生率には 深い関連があり、その予防に役立ちます。