花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。目のかゆみや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、季節性アレルギー性結膜炎ともいいます。
花粉が飛散する時期は、関東地方ですと2月頃からスギ花粉の飛散がはじまり4月下旬に飛散が少なくなります。その後ヒノキ科花粉の飛散がはじまり、5月末頃まで続きます。花粉症の症状は、花粉の飛散量に比例して悪化する傾向にあります。

花粉症のアレルゲンについて

花粉症の症状や重症度等は、人によりそれぞれ異なります。また、お薬の効果にも個人差があります。
日本での主な花粉症の原因はスギ・ヒノキ花粉だと思われますが、人によっては他の花粉が原因の場合もあります。
治療にあたり、花粉症なのか、そうでないかを確認します。花粉症の場合その原因(アレルゲン)の花粉をいくつかの診断方法を行い探ります。
花粉症の症状をしっかり抑えるためには、病院で診断を受けて、一人一人に合った治療を行うことが大切です。

花粉症の治療について

花粉症の眼症状に対しては、点眼薬(ヒスタミン拮抗薬とメディエーター遊離抑制薬)、点鼻薬、内服薬を使用します。さらに症状が強い場合は、ステロイド剤の点眼を用います。ステロイド点眼は非常に効果的ですが、副作用もありますので医師の指示に従って使用することが重要です。
特に漫然と長期にわたって使用しないようにしましょう。