緑内障

緑内障は目の中の神経(視神経)が障害を受けて、徐々に見える範囲(視野)がせまくなっていく病気です。
従来は目の中の圧(眼圧)が高いことが原因と考えられていましたが、最近では眼圧が正常でも緑内障になって しまう正常眼圧緑内障が非常に多いことがわかってきました。

近年、日本人を対象にして行われた疫学調査の結果では <40歳以上の日本人の17人に一人は緑内障である>という、驚くべき実態が明らかにされました。
また、特に日本人では、眼圧が正常範囲の正常眼圧緑内障の頻度が諸外国に比べて、極めて高いことが明らかに なりました。また一方で緑内障の患者さんのうち約8割が治療を受けていないというのが現状です。
これは、初期の緑内障では自覚症状がまったく無いために緑内障になっても気がつかないこと、また日本人では 正常眼圧緑内障が多いために、人間ドックなどで眼圧のみのスクリーニングからもれてしまっている可能性が 考えられます。

緑内障は日本人の中途失明の主要な原因のひとつであり、早期発見早期治療によって悪化を防ぐことが できますので、40歳を過ぎたら一度は眼科健診を受けられることをお勧めします。